- PR -

リップル東京JPY発行所
CALENDER
<先月 2018年12月 来月>
01
02 03 04 05 06 07 08
09 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

12/23 : 天皇誕生日

12/24 : 振替休日

RERATED SITE
東京都 大田区 塗料販売 専門店 佐々木塗料
刷毛・ローラーなら何でも揃う!ローラーデポ.jp
株式会社オハナシヤ

<日本ペイント>新商品が発表されました!

about : 塗料メーカー 新製品ニュース 
publisher : sasaki

おはようございます! @とりょうくんです。

先月末に日本ペイントの新商品が多数発表されています!

・ニッペHiビニフレッシュセラ 汚染除去性にすぐれた室内壁面用塗料
・ニッペファインフッソ すぐれた耐久性を誇る最上級の2液タイプフッ素
・ニッペ1液ファインフッソUV 1液で使いやすいフッ素樹脂塗料が誕生
・ニッペジキトーンセラアートSi  工程短縮と施工環境配慮を実現。ローラーで施工可能な高耐候の石材調多彩模様仕上げ塗材

他、多数。

今回特に新しいなと感じた商品がすくなかったのですが、Hiビニフレッシュセラなんかは単純にEPを塗るといった従来のケースに提案次第ではこういった材料に転換できるのではないでしょうか?フッ素塗料においては市場でシリコンの次に!と各メーカーから出ていますが、耐候性と単価のバランスにおいては知名度の高い日本ペイントがリードになるか?しばらく様子見といった感じですね。

ジキトーンセラアートSiはトップコート不要を謳っていますが、市場で石材調多彩模様塗料の需要がいかほどなのか?!といったところもありますが、工期短縮といったところは良いかも知れません。

そんな中目にとまったのはこちら

ニッペ タフガードクリヤー工法

です。コンクリート橋梁用ですが、
技術と努力の結晶のような塗料だな。と感じました。

********************************************************

このたび日本ペイントは、コンクリート保護塗装市場向けに、従来の保護塗装材が持つ劣化因子の遮断性や柔軟性、耐候性を備えつつ、特殊クリヤー樹脂を採用することによりコンクリート躯体への視認性をもたせた「ニッペ タフガードクリヤー工法」を発売いたします。

本工法は、国立研究開発法人土木研究所と共同で開発したもので、塗装後も長期に躯体の保護を維持すると共に、従来はクラックの発見に特殊な技術や機材が必要であったものが、クリヤー塗膜であるため目視で容易に発見できます。これにより、点検コストの削減や技術者不足への対応が可能となり、また、劣化に対する早期の対策実施にもつながり、コンクリート橋梁の修繕コストの削減に貢献します。

********************************************************

日本だけでなく世界でこのような塗料は使われると素晴らしいなと思いました。

関連
コメント
facebook
Line始めました!

友だち追加数
サイト内検索

カテゴリ一覧
STETUS

起動日時:2018-12-13 04:47:09
ホスト:ec2-54-84-236-168.compute-1.amazonaws.com (54.84.236.168)
クライアント:CCBot/2.0 (https://commoncrawl.org/faq/)
処理時間:0.571秒
データベース:18 query
キャッシュ:5.6% hit

LOGON